Knowledge Partners 特許業務法人【名古屋の特許事務所】

Blog

やっと海外旅行

Blog > その他 > やっと海外旅行 ブログ村

数ヶ月前、海外旅行気分を盛り上げるためにセントレアに飛行機を見に行った割には盛り上がらなかった海外旅行に2月末に行ってきました。
有給休暇を2日もらって、行き先は台湾3泊4日。同行者は妹家族。
日程の折り合いがなかなかつかなかったのと、2歳未満の姪っ子同行というのが不安で参加を渋ってたんだけど、押し切られて決行。妹たちにしてみたら人手が多い方が有り難いらしい。まあ子守兼荷物持ち兼カメラマンってことで・・・。
台湾への旅行は3度目で、大好きな国です。食べ物はおいしいし、中級以上のホテルだと日本語も通じるので楽。治安も良い。
今回の旅行は旅行会社のツアーを利用したので、空港ホテル間は現地係員による送迎ありだったので気も楽に。
最終日の免税店での一時間だけがいらなかったけど、これは仕方ないですね。免税店以外は完全フリーだったので、一日目は一人で町歩きしながら途中で全身マッサージやエステを受けたり、美容院で名物の台湾シャンプーをしてもらったり。
この台湾シャンプー、カットしてもらう時と同じ椅子に座ったままシャンプーしてもらうというもの。どうも水に溶いたシャンプー液を乾いた髪の毛に直接少しずつかけては泡立てているようだけど、何故首とか額に水がたれてこないのか!?何か特殊な配合になっているのか、泡の質は固そうで密度も濃く、まるでツノがたつまで泡立てた生クリームのよう。
最後は美容師さんが髪の毛を全部上にぐぐっと持ち上げていって泡回収。そのまま手に持って流しに捨てにいってました・・・。
ある程度泡を取ったら最後はちゃんとシャンプー台に移動して残った泡を流しましたけどね。
私以外には台湾シャンプーを受けてる人はいなかったけど、それはたまたまなのか、それともあのシャンプー方法は観光客用に開発したものなのか?
二日目は妹の台湾人の友人と妹家族と一緒に台北市から電車に乗って淡水という観光地へ。
ここは夕日が本当に美しい所で、川沿いにお店が建ち並んでいるので色々買い食いしながらぶらぶら散歩するんだけど、すごい人・・・!はぐれないようについていくのが大変でした。
2時間ほど淡水観光した後は台北市に戻って妹の友人のお宅へおじゃましました。
その日がちょうど提灯祭りで出て行った家族が全員集まる日、ということで集まった家族との晩餐に入れてもらいました。
それほど大きくない丸テーブルに12人がぎりぎりで座り、テーブルに並べたいくつかの大皿料理を各自のご飯のお茶碗に取って食べるスタイル。取り皿が一枚もなかったのがカルチャーショック。スープまで空になったお茶碗に入れて飲むんだから・・・。でもこの方式だと食後の洗い物が少なく済んでいいかも。
言葉の問題でそんなに会話もしなかったけど、皆笑顔で楽しい食事でした。
今回の旅で一番印象に残ったのはこれかな。おいしい家庭料理もご馳走になれたし。
そうそう、心配していた姪っ子は行きの飛行機での着陸時にかなり泣き叫んだくらいで、後はおりこうさんでした。


ブログ村